「HERO」を観て

主人公の役柄にリアルティーが無いし、それほど関心はないが、まあ、テレビでやっているのに気が付けば見てたりする。

テレビ・ドラマの「HERO」の事だ。


先日も特番なのだかよく分からないが、たまたまやっている時に出くわし、とりあえず録画しておいて後で見てみた。


独特の軽快なテンポが有って、なかなか面白いが、このドラマでは、
立場の違いや役職の違いで、お互いを理解していてもそれはあえて口に出さない(出せない)、
口には出さないが(出せないが)認め合っている、
好意は持っていてもあえてそれを口に出さない(出せない)、
そんな姿が描かれている。

しかし、考えてみると、そういう姿は古くから歌舞伎や芝居などで描かれてきた、
日本人の真骨頂である”人情物”に通ずるものが有るように感じられる。

昨今はいつの間にか日本人も口に出して積極的に感情や意見を発信し、表情に出していかなければコミュニケーションできないようになってきたし、私たちもそれが国際化していく事に必要な事だと考えるようになっていたような気はする。

だが、この「HERO」で描かれるような人間関係は、やはり私たちの中に潜む美学なのではないか、というような気持ちが昨夜、布団の中でふと思い浮かんできたのだった。






スポンサーサイト

西洋甲冑 桜の心 Heart of Cherry Blossom

ふと思ったんですが、西洋甲冑って、こんなの着て一体どうやって戦ったんだろうか??

日本の鎧兜なんかも、実際にそういうのを身につけていたのは上級の武士たちで、要するに実際の合戦に参加するような雑兵はなかなかそういう物は身につけられなかったと聞くけど(動きやすさの問題も有るし)、西洋甲冑もやはりそういう物なのだろうか??

今度調べてみようかなぁー。


さてURLは本文とは関係なく、最近のライブでの演奏の様子。
バンドではなく自分一人での弾き語りスタイルだけど、思った以上にビート感なんかも出てて、自分が思ってみても案外良いなあと感じてます。(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=6fOT4jvg9AY&list=PL156D7E94C2EF6E24&index=3


160922マジクエスト2

酒を飲んで、、、  ついでに 「 I Feel So Good 」 Blues 作詞作曲:大岩勇人 を紹介


日本もさあ、国際的な判断仰ごうじゃないか、って思うなぁ。
きっちりケリをつけなきゃねえ。


けどさあ、判断された結果には、もし仮に不利な答えが出てもしっかり従おうじゃないか、って思うねえ。


いつしか国民投票なんかしたらさあ、出た結果にはガタガタ言わずにちゃんと進めるような、世界に誇れる国であって欲しいねえ。


なんてさあ、酒を飲んでたら、思いましたあー。




関係ないが、自分の作った曲、「I Feel So Good」のライブ映像は下記。
ポップだが、これもブルース。

https://www.youtube.com/watch?v=h1q5wLQj3BU&list=PL156D7E94C2EF6E24&index=22

オリンピック考 東京 日本

リオだって決まった時、マジで、え”そんな危ない所で、、、と思ったのだった。
まあ、行ったことはないのだけど、超危ない都市として聞いていたんで。


それに、前々から日本ならけばけばしい演出無く、もっとシンプルで感動的なのはできるんじゃないかな、と思ってたのだ。
その思いは、中国だかのを見た時にも、つくづく感じたなあ。


まあ、あんまりにもシンプルなのは結局無理なのだろうけど、できたら昔の東京オリンピックの時のような、原点のやりかたで点火なんかしてくれないかなあ。


日本は震災もろもろ、とても弱っている気がするし(事実そうだし)、さらに悪いことに政治もお粗末続きだが、なんとか4年後は復興した誇れる日本を示して欲しいものだ。

仲間内でも誘致反対の人は多かったようだが、私の考えではやはりイベント事は必要なと思う。


昨今の街にあふれる外国からの観光客や街並み、そして商業施設の整理は全部オリンピック誘致とリンクしてるはずだ。
誘致が決まる前からそれを見込んで動き出してるはずだ。



けれど、自分の考えでは、以降のオリンピックに関しては、誘致合戦からは手を引いて欲しいと思っている。

アジアの先進国として、はっきりと、オリンピックなどには頼らない国の活性化や経済発展を内外に示す、そんな一流国になって欲しいと思っている。



幼馴染 K君のこと

なんか人との思い出を書いたりしたら、もう一つ書いてみたくなった。

こんな風になるのは、自分も齢を食ったからだろうか?

だいたいこういう記録自体、今後も残っていくのか、それも疑問だが。



K君はいわゆる幼馴染で幼稚園から中学校までは一緒の学校で、高校から別になった友人だった。

彼はそんなに頭の良い学校には進まなかったが、高校1~2年の間はたまに会っていたと思う。


実は彼は中学3年生頃から始めたエレキー・ギターが不思議と上手かったのだ。
私も始めたのは同時なのだが、自分は真面目に練習しても、憧れの速弾きは彼ほどは軽やかに速く弾けなかった。

しかし彼は、実際の練習はどれだけしてたのかは分からないのだが、
でもそれほどやってるそぶりも無いのに、直ぐに速く弾けるようになるし、バッキングもそれなりにちゃんと弾けるようになっていた。


一緒にバンドなんかも組んでスタジオに入ったりしていたのだが、私は彼のそんなプレーを見ている内に、
早々と自分にギターは向かないのだと思い始め、大学生になった頃はもうほとんどギターを弾くのは止めてしまっていた。
いや、高校3年生の時から既にほとんど弾いていなかったのかなと思う。


彼とはお互い大学生になった後は会わなかったが、たまに駅でばったり会ったりもしたので、
大人になってからも道すがらちょっと話したりすることも有った。



実は自分は30代後半だった時か、気が合うギターリストを探していた。
大学時代の仲間に声をかけて、一緒に練習などもしていた。

しかし、練習での演奏は良くなりはしたものの、お店などでライブ演奏をしていくことには、温度差のようなものも感じたのだ。
大学時代の友人では、一緒に活動できる者が見つからなかった。


それで、ふと思いだしたのが、かのK君だったのだ。

自分も電話を掛けたのだが、直接家を尋ねたのだか忘れたが、
早速、連絡を取って、またしばらく彼と月数回の一緒の練習を始めたのだった。

結論的に言えば、彼とも演奏を人前で行う、といったことには温度差も有り、結局数か月か1年弱かで、それはいつしか終わってしまったのだ。
まあ、彼はそれなりに高校生、また大学の1~2年くらいの間にやるだけやって、それなりに気持ちも区切りがついていたのだと思う。
しかし、自分は彼ほどは気持ちに区切りが無かったのだろうか。
結局今でも細々とした活動は続けているのだ。


さて、前置きが長くなったが、かのK、
私は全然気づいていなかった・・・
ふと、本当に、この数か月前に、何かの拍子できづいたのだ。


彼は俺をボッていたと言うには大げさだが、要するにちょっと都合良く
私をカモにしていたのだった・・・



高校生の頃、彼は急に私の家に来たりすると、たいていそういう時はギターに使うエフェクター類を持参してきたのだった。
そして、それを使って軽やかなギターを私に披露すると、
たいてい最後に、「これ買わない?」と聞いてくるのだった。

私は当時、自転車通学の高校生で、電車に乗って楽器店を回るほどは小遣いに余裕も無く、要するにそういった機材の適正価格なんかにも疎かった。
彼は既に電車通学で気楽に楽器店などに寄っては、試したい機材などもあれこれ頻繁に見ていたようだ。

それで、彼はちょっと使っては飽きてきた機材類は、次の機材を買う為の資金集めの足しに、
いつも私に声をかけてきたのだ。

決して妙に高い値段だったという事でもないが、時に結構高く買うことになり、だまされた感が強いことも有った。


私はなんだか馬鹿正直で、友人が酷いことをすることなんて思いもしていなかったのだ。
要するにそういう事には全く知恵が回らない私は、そういうことに知恵の回る彼から、言われるままに機材を買ったりしていた。
また、機材類を貸したままにされてしまったり、実質上げてしまう事になったり、ボッタくりのようなものではないにせよ、要するに都合良く扱われていたのだ。


ずっと、長いこと気づかずにいた。

何故だか、この齢になって、少し前にふと気づいたのだった。

全く気付かず、大人になった後も、自分から連絡を取って一緒に演奏しないか声をかけたり、
そんなことをしていても、全然気づかずにいたことが、パッと霧が晴れたように見えてきたのだった。



しかし、彼は大人になって、妙に常識感の有る真面目な社会人になっていた。

音楽に対する情熱などは薄れていたが、私に付き合ってしばらく練習などをしたのだった。

合間に、彼の手料理なども食べて楽しく練習した。

ただ、既に温度差は有ったので、練習していてもそれをどこかで披露するようなことまでは全く考えない彼とは、
やはり、ちょっと練習間隔に間が開いた時を契機にまた会う事は無くなってしまった。

私のライブに1~2度来てくれたように思うが、既に、演奏云々より一緒に酒を飲んだりする方が彼の関心ごとだった。


今は私も何度か引っ越しを繰り返し、住んでる場所も離れてしまったので、いよいよ会うことも無くなってしまったが、
彼は元気に、健全なサラリーマン生活を送ってるのではないかと思う。





写真は本文とは関係なく、2016年6月4日(土)、新宿ゴールデン・エッグでの様子。

また、URLはその時の演奏の様子の動画サイト。

https://www.youtube.com/watch?v=0an1Tbnwqjc&list=PLWs3uUq8i069jspM5fhVQ0CATQz9vq4Ff





プロフィール

BIG ROCK!!

Author:BIG ROCK!!
ハーモニカを吹きます。スタンダードなアメリカン・ブルーズからオリジナルの日本語ブルースまで、軽快なハーモニカに乗せて歌っています。月に数本、ライブバーを中心に活動中。
http://bigrock0018.jimdo.com/
趣味ですが居合は有段。巻き藁斬りなどもやっています。能や茶道にも関心有るので、時に和服も着たりします。(笑)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR