大河ドラマ考:大根役者と転び芸

タイトルの「考」は「江」にかけました(笑)


で、今回のNHKの大河ドラマは、視聴率はどうなんでしょうか?

女性の立場に立ってドラマを作ると、おそらくは当時の女性の立場以上に
自己主張のある女性像を主体に脚本化せざるをえないのでしょうねえ。(笑)

まあ、時代劇とは言え、舞台を昔にしただけで、中身はほとんど現代劇と変わらないのが
最近の傾向。


今回の茶々(淀君)はなにやら徐々に恋心を持って秀吉の側室になるような雰囲気ですが、
どう進むのでしょうか?(笑)


それにしても、既に秀吉の側室となっている京極竜子が、
このドラマの中では、妙に物分りが良過ぎる女性になっています。
綺麗で優しい!


しかし、悲しいかな、当時は女性は意思を持てなかったに等しいのかもしれませんが、
もしかしたら同時に、男は戦って滅びもすれど、残される女性についてはちゃんと面倒は見る、
という慈悲の風潮も有ったのかも知れない気がします。

同時に女性たちも、そうやって生きるものとして、自身で疑いも無く育ったのかも。


それにしても、今の世の中で考えても、多少の手柄では大抜擢の昇進などというのは
到底有り得ないのに、あの秀吉という人物は本当に大した人物だと感心させられます。

ちょっとやそっと敵方の偉い武将の首を差し出したとしても、
せいぜい恩賞もらって終わりでしょう??

草履を温めたとしても、それだけじゃ筆頭家老にまでなれるとは思えません。

本当ただ者じゃないなあ。


しかし、秀吉役の岸谷五郎の演技、私はデフォルメたっぷりでそれなりに好きだったですが、
前回の話で、茶々に「かたき」と言われた時に、ショックを受けて
「か・た・き・・・」と受け返す演技は、あまりに大根全快だったので、失笑してしまいました。
(失禁はしませんが)

私にやらせてくれないかなあ。(笑)


P.S. 慌てて走っては転ぶ、そば仕えのおばさんの転び芸をもっと出して欲しい!!



スポンサーサイト
プロフィール

BIG ROCK!!

Author:BIG ROCK!!
ハーモニカを吹きます。スタンダードなアメリカン・ブルーズからオリジナルの日本語ブルースまで、軽快なハーモニカに乗せて歌っています。月に数本、ライブバーを中心に活動中。
http://bigrock0018.jimdo.com/
趣味ですが居合は有段。巻き藁斬りなどもやっています。能や茶道にも関心有るので、時に和服も着たりします。(笑)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR