大岩姓に関する調査3、手紙発送

大岩姓に関する調査ですが、前回書いてからは久々になってしまいました。

http://bigrock0018.blog91.fc2.com/blog-entry-72.html



これ以上調べていくには、やはり長いスパンでの取り組みが必要のようです
それで、いよいよ効果の高そうな、手紙を使っての調査を思い立ったのですが、
同姓と言うだけで全く見ず知らずの人にいきなり手紙を送ることや、
また、こちらの個人情報もあれこれ示さないといけないということも気になり、
かなり躊躇したのですが、やはりこれはどうしても必要かつ効果的な手段と思い直し、
ついに手紙による調査を始めたしだいです。



要するに祖父の出身地である富山県在住の大岩姓の方を調べて、質問票を送るという方法です。

挨拶文や質問事項について先々月から作り始めたのですが、
なにかと忙しさにかまけて、年の瀬になってしまいました。

年の瀬は忙しい時期なので、相手の方にもいかがなものか。
それも気になったのですが、送るのであれば、
元より親戚と連絡を取ったり集まることの多く、この時期に送るのが良いかもしれないと思い直し、
一気に送ってみました。





姓名調査でお世話になったsabroemon様からのご助言もあり、
住所が近い方はその中で極力1名を選ばさせていただきました。
また、なるべく年配者と思える名前の方を選んだつもりですが、これは殆ど感です。

因みにsabroemon様が書いてくださった大岩姓調査のWEBページは下記です。

PART1: http://blog.goo.ne.jp/sabroemon/e/092a9c4493b59e36df45388f5c9e925d

PART2: http://blog.goo.ne.jp/sabroemon/e/3491519ce70943d034d2b3c9094fd83a

PART3: http://blog.goo.ne.jp/sabroemon/e/33411ed0c770e6599fe75ff1eda3821d



また、sabroemon様が、ご自身の先生でもある佐々木哲様にご意見を伺った関係で、
佐々木様もご自身のブログに大岩姓に関連の深い木地師についての記事を書いてくださってます。
また、コメント欄で大岩姓の派生についてお答えしていただきました。

http://blog.sasakitoru.com/201106/article_3.html





こういった調査は全ての回答を得るのは当然無理かと思いますが、
できれば良い回答を期待したいところです。
果たして、進展は見られるのでしょうか。


末筆ですが、先方の方がこの調査で、何か気分を害されることが無いことを切に願います。



スポンサーサイト

騒音

年末のせわしない季節、街にはクリスマスソングがあふれてます。
外は寒いし、うるさいし、そんなわけで駅ビルに入ってみましたが、
そこでもやはりクリスマスソングに合わせて、サンタクロースになりきった声優の声が鳴り響いてます。
それがあんまりにも流されるので、少しばかり気をを向けて聞いてみると、
いくら以上買い物をすれば、何やらの応募はがきがもらえるという内容。
あいかわらず、宗教心も夢も、へったくれも有りません。

それにしても、日本という国は騒音に寛容です。
いえ、私もそれほど外国を知っているわけではありませんが、
それにしても、これだけ騒音に溢れる国って在るのでしょうか?

街の中では、安売りだ、タイムセールスだ、時には政権交代だ、
お構い無しに大きな音を出します。
駅のホームでは、同じ内容のアナウンスが自動音声と駅員とに繰り返され、
電車の中でも、便利とは言えアナウンスが必要以上と思えるほど流れます。
その間、人との会話はまず無理です。

それでいて、何故か必要と思える所でアナウンスが無かったり、
駅構内や街の中の案内標識は分かりにくいものばかりの気がしてなりません。



皆、焼肉が好き

このところ焼肉業界は厳しいらしい。
いや、日本の企業はどこも、いや、国民全体が厳しいのでしょうが、
それにしても、素人目に見ても、今は焼肉屋は大変でしょう。

昨今の焼肉を扱う店の安売りの傾向はありがたかったのですが、
食中毒の事件などで一気に食肉業界は閑古鳥が鳴いているのが、手に取るように分かります。

思い出せば、狂牛病が騒がれた時も、かなりの客が焼肉屋から遠のいたと聞いています。

それにも関わらず、繁華街では気楽に安く食べられる焼肉屋やホルモン焼きを売りにした店舗が乱立の様相です。
しかも、さらに割引などのサービスで客を呼ぼうとしている様子。

きっと今はかなりの過当競争でしょう。

網を洗うのにも、相当な労力やコストがかかるに違いありません。
それは恐らく、お店でその都度ちゃちゃっと済ませては次の客を案内している、
お好み焼き屋の比ではないでしょう。


私は、もう焼肉業界に参入するのは得策ではないだろうなあと、
一人前の量がいやに少なくなった安値焼肉屋で肉を焼きながら、ふと考えました。

どうせ、そんなお店持てっこないけど。(笑)


一里塚

「門松は冥土の旅の一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし」は、
かの、とんちで有名な一休禅師の作った狂歌だそうです。

私は誕生日を迎えると、この歌が思い浮かぶようになってきました。

やはり40代を過ぎた辺りでしょうか。
いや、ここ数年でしょうか。

それにしても、自分はいったい何歳ぐらいまで生きられるのでしょうか?
75歳から80歳? いやもっと?

ただ、気になるのは仕事のことです。

自分の気持ちとしては、70歳でも働きたい気持ちですし、おそらくその歳でもまだまだ元気なのでは、
と良い目に想像はしてるのですが、問題は仕事が在るか無いかですね。

そんな先のことばかり考えても仕方ないのですが、やはり頭の隅をよぎってしまいます。

政治が良くなれば、先々改善されているのでしょうか。

本日、48歳の誕生日を迎えましたが、やはり頭の片隅には「めでたくもない」ことが、
ちらりと浮かんでしまいました。




周囲で起きる独立や新会派の設立を見て

居合に限らず、武道を教える団体というのは、
どうも分裂や独立、新会派の立ち上げ、ということがしばしば起こるようです。
やはり自分の考えで指導している内に、自分の思うようにやっていきたくなるからでしょうか。

それ自体は問題では無いのかも知れませんが、結果、所属する道場生は所属団体の独立と同時に、
元の所属団体の人とは表立った交流は持てなくなったり、
今まで出場できていた大会などには参加できなくなったりするのは問題です。


公立の中学などでは柔道、剣道が必修科目となるそうです。
そのような教育や精神修養を目的としての武道も大事ですが、
多くの人にとっては--------特に社会人になってからは---------習い事というのは、
言わば趣味であることが殆どです。
しかし、そのように余暇の楽しみとして武道を学ぶということも、それはそれでとても有意義だと思いますし、
かく言う私にしても、居合や抜刀は、やはり趣味でしかありません。


このように、趣味として武道に接している多くの者にしてみれば、
指導者同士でけん制し合ったり、会派が分裂したりするようなことは、
結局、弊害であることが多いように感じます。



試し斬りについての覚書

去る11月20日、明治神宮、至誠館道場で行われた試し斬りの大会、
自由斬り三段以下の部で優勝することができました。
素直にとても嬉しいです。稽古した甲斐が有りました。

しかし、昨年は3位に入れた、座った姿勢から斬る、居合斬りの部では、
あえなく初戦で台倒しにより失格敗退。
また横並びの部も稽古の時のようには全く斬れずに、
これも納得のいく結果には程遠いものとなってしまいました。
これは悔しいです。
既に今後への課題を沢山残す結果となりました。


自由斬りに関しましては、これは本当に初戦から強豪ぞろいでした。
相手の方の顔見た時に、これは斬れる人だと少し見覚えが有ったので、
当初予定していた技より一回戦目から難易度を上げてのぞみました。

冷静に判断すると、技の流れや足裁きでは全体として私が劣っていたはずです。
同じ技で戦ったら、初戦も二戦目の相手も、私より技が上回っていたと感じます。
まず勝てなかったでしょう。

さきほど書きましたように、予定を変えて私は、
全ての戦いで一刀目に抜き打ちを入れたのですが、
今考えてみると、これを審判がどれだけ良く採点し、
かつ、どうしても多少藁が揺れるので、それをどれだけ減点するか、
また、技の流れの動作での弱点がどれだけ減点されるか、
以上が勝敗のポイントだったと思います。


結果、明らかに減点はされていたと思いますが、
難易度の有る抜き打ちを成功させたこと、相手より多く斬っている等をなんとか評価していただき、
勝ちをいただいたように思います。


また、3回戦以降は私も記憶が定かではないのですが、
おそらく相手が思っていた以上にこちらが技を成功させてきていることで、
相手にはプレッシャーをかけることができたようです。
一刀目の抜き打ちは、インパクトが有ったかも知れません。

何人かの対戦相手、また最後の相手は、私以上に難易度の高い技斬りをしかけてきましたが、
難しい技ゆえ完全には成功せず、私の方に審判の軍配を上げてもらうことができたのです。


今後は足裁きや、技と技の繋ぎの動作をより流れるように、
一動作として連続の技が完結するように稽古していきたいと思います。
また、より難易度の高い技斬りをマスターしていくつもりです。

正直、斬りはいろいろな意味で何年続けられるかわかりません。
できる内にできるだけ続けていきたいと思っています。



プロフィール

BIG ROCK!!

Author:BIG ROCK!!
ハーモニカを吹きます。スタンダードなアメリカン・ブルーズからオリジナルの日本語ブルースまで、軽快なハーモニカに乗せて歌っています。月に数本、ライブバーを中心に活動中。
http://bigrock0018.jimdo.com/
趣味ですが居合は有段。巻き藁斬りなどもやっています。能や茶道にも関心有るので、時に和服も着たりします。(笑)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR