阿佐ヶ谷チェッカーボード 、 バンド演奏 、 2016.10.28 金曜

東京、杉並区の阿佐ヶ谷に在るチェッカー・ボードは狭いカウンター・バーですが、中央線沿線では老舗のブルース・スポットとして親しまれているお店です。

まあ、老舗と言ってもどこぞやの料亭とかのような、創業から100年以上、なんていうような事は有りえませんが。。。


それはさておき、昨夜はそのチェッカー・ボードで、狭いスペースを逆手にとったようなバンド演奏をしました。
そして早速、動画をアップデート。

https://www.youtube.com/watch?v=EZ6JrX4f8Qs&index=2&list=PLWs3uUq8i069t5yDaBvvSIccdmaWVoDxh


いつもより少しマイクを通した音が良いような、、、、

実は歌のマイクに持参したエフェクターでわずかにですがディレイをかけています。

ほとんど分からないくらいの設定ですが。

もう少し効果がはっきりする設定にしたい気もしましたが、その場で聴いてくれてるお客様は、
あれ?っと気づくような事は無いまでも、ごく自然にその効果を感じてくれてたのでは? (笑)




スポンサーサイト

「金メダル男」 映画 感想 ネタバレ無し

全く何の前知識も無く、人に誘われて渋々(?)行ってきたのが、これ。
原作・脚本・監督と全てコメディアンの内村光良の担った、
「金メダル男」

http://kinmedao.com/


しかし、これが観てみるとなかなか面白かった!

もうこの辺りで物語も終了か、と思ったが、それでも終わらず尚続いて行く所も1~2ヶ所有った。
つまり、脚本にも十分力がそそがれているという印象だ。

各出演者の演技というか、持ち味が生かされていて素晴らしかった(それに尽きるとも言えるような映画だった)が、特に私は女優の木村多江の体当たり演技が素晴らしいと感じた。

しかし、笑福亭鶴瓶はずるいと感じさせられたなあ。
あの人は彼の持ち味の表情を前面に出してくると、それが絵になる事を十分に知っていて、良い意味でだが、ああ、またそれで来たか、という感じだった。


なんでも一位を目指したがる男の話であったが、後半の最後の方になると、それは家族の為という意識にも変わっていくところに、作者である内村氏の人柄も出ているように思う。

コメディー映画ではあるが、やはり映画館で観た方が良い映画だと思った。




161022金メダル男


築地散歩

移転するのかしないのか、いや、いつまで延期なのか?

全く私らには見えない状況になってきてるようだが、前々から移転前には行って見ておきたいと思っていたのだ。

それで、先日、ちょこっとだったがやっと行ってみることができた。


観光客はもの凄く多く、セリとかまでは見れるような時間ではなかったが、観光としては十分楽しめた。


移転先でも活気にあふれて、観光客でも何でも人が集まる安全な所であることを願うなあ。


築地1

新年の抱負 作詞作曲:大岩勇人 新宿ゴールデン・エッグ

日本は既にインフラ類はどれも老朽化が進んで、いつ支障が起きてもおかしく無いと感じさせられます。

自然災害には見舞われ、政治や役所の仕事も腐敗し、真面目に考えると、全くもって嫌になります。

そんな日々や日常を歌ってます。

あ、動画では最後に笑いをとろうとして、、、、  (笑)

https://www.youtube.com/watch?v=s5pq5r9OOMc&feature=youtu.be



プロフィール

BIG ROCK!!

Author:BIG ROCK!!
ハーモニカを吹きます。スタンダードなアメリカン・ブルーズからオリジナルの日本語ブルースまで、軽快なハーモニカに乗せて歌っています。月に数本、ライブバーを中心に活動中。
http://bigrock0018.jimdo.com/
趣味ですが居合は有段。巻き藁斬りなどもやっています。能や茶道にも関心有るので、時に和服も着たりします。(笑)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR