大岩姓、手紙調査の結果

以前、書きましたように、昨年末から富山県内に住まわれている大岩姓の方々に、手紙による聞き取り調査をさせていただきました。

ご迷惑かと思いましたし、面識もない方に手紙を書くことには大変躊躇もしましたが、意を決しまして、できるだけ丁寧に書いてお送らせていただきました。

33軒の方に送らせていただきまして、返事をいただけたのが4通。
返信率としては1割強。少ないようにも感じますが、回答率としてはこれが一般的な数値だと思います。

ただ、私の家に繋がる、情報としては1通でした。これを小さいと見るか、大きいと見るか。
しかし、何も分からないよりかは、大きな一歩を踏み出せたと思います。
ただし、次なる疑問に突き当たったのは事実です。

お返事をいただけた大岩姓の方とは戸籍上での繋がりまでは不明で、
おそらく、江戸時代後期では兄弟の繋がりだったようでした。
その大岩家で檀家となっているお寺の過去帳には、我が家の仏壇に残っていた先祖の何名かの姓名や法名(戒名)、一致した没年月日が記載されているとのことでした。
それで、実際にそのお寺に問い合わせしたのですが、明らかに我が大岩家の先祖はそのお寺に檀家として所属していたようです。

ただ、我が大岩家の先祖の墓は、昔よりそのお寺には無いとのことでした。
例え無縁仏になっていたとしても、そのお寺に葬られているとしたら、私としては一度だけでもそこに赴き、手を合わせたい気持ちだったのですが。
こういったことは土地に余裕有る地方では多いようですが、大岩家に関しては、墓は各家々の庭先などに持っているとのことでした。我が大岩家に通じる墓が残っているとすれば、本家の大岩家の敷地内、もしくは隣地とのことです。
ただし、今のご住職様は、そこに現在も我が大岩家に直接通じる先祖の墓が残っているのか、もしくは残っている墓石に我が大岩家の先祖の名前が書かれているか等については、はっきりとは知らないとのことでした。
実際問題として、長く付き合いをしていない分家の家系の墓石は、処分してしまうことは充分に考えられます。
ご住職様としても、我が大岩家に関しましてはとっくに檀家ではなく、率直に言えばお布施も何もしていないのに、ご足労をおかけした上、あれこれ教えていただけるのは充分過ぎる話だったと思います。連絡をいただけた大岩家の方と、お寺のご住職様には大変ありがたく思います。

ところで、いよいよ本家筋で、しかも我が大岩家に近いと思われる大岩家が分かってきたのですが、実は私、今回の手紙調査ではその住所の大岩家にも手紙を送っていたのです。ですが、返事はいただけてませんでした。
ご住職様は、はっきりとは言われてませんでしたが、その大岩家では昔を知っているような方はお体も良くないようなことを言われていました。

入院か療養中なのだと思います。おそらく、そういうことなのだろうと思いますが、私は再度、内容を丁重に改めて手紙を送らせていただきましたが、やはり今現在、お返事はいただくことはできていません。

とても残念ですが、手紙を読んでいただけた方は、今はそのような話には関心も無いことなども考えられます。それに、場合によっては人には知られたくない事実が有る、と言うようなことも考えられなくもありません。
やはりこの方法での調査はここまででしょうか。

今回、お返事をいただけた大岩家の方から分かったことは、大岩家は江戸時代後期の時点では肝煎り役(つまり庄屋や名主です)の家柄だったそうです。お寺のお迎えなどでも、馬を出したりしていたそうです。
しかし、その後、残念ながら財産を大きく失っていってしまったとのこと。
また、それより以前の家系図などは残っていないようで、やはり明治時代になって戸籍制度になってからの情報しか分からないようです。明治時代に入ってからの、初代の方の名前や兄弟の名前が分かっているとのこと。
親切に戸籍の書類のコピーなども私に送ってくれました。とても感謝いたします。


これからの調査に行き詰った感も有りますが、ライフワーク的なつもりで取り組みたいと思います。ただし、これ以上同じ家に手紙などを送るのは、控えようかと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

始めまして、大阪の大岩です。たまたまのぞいてみたら、おもしろそうですね。
ちょっと書いてみます。
生まれと育ちは東京です。大学を出て大阪に就職し、そのまま40年近くなります。
本籍は千葉県の幕張で、親戚も多いです。寺の墓地にも大岩姓がわりと多いです。
同姓の人に会ったことはなく、ちょっと興味はあります。以前、ルーツは愛知と聞き、
愛知の人にも大岩、小岩という姓が多いと言われました。少し暇になったので、そんな
姓を調べるのも面白いかな、と思っています。
あと映画も好きです。

Re: No title

大阪の大岩さん

コメントありがとうございます! 実は残念ながらその後、調査はとん挫しています。千葉にも大岩の姓が結構多いと聞いていますよ。それとは別ですが、私の親戚(富山から出てきたわけです)も以前、千葉に住んでいたようです。千葉の大岩姓については私は殆ど調べたことは無いです。

我大岩家と木地師との繋がりは、やはり無理な仮説だったのかもしれない気がしてきました。まあ、どうもはっきりわかりません。繋がりの有る大岩姓は間違いなく在ると考えて良いようなのですが。

元より、大岩と言う姓は、どうしてもその地に大きな岩などが在れば、そこから生まれてくる可能性は充分考えられるように思います。とある大学の歴史の教授もそのような返事をいただいたことがあります。

さて、愛知の大岩姓ですが、(これは木地師関連とは別の大岩姓と私は判断し始めましたが)、知多半島に辺りに住んだ漁師の人達に源義友から大岩姓をもらったという言い伝えを伝える人達が多くいるようです。
どうも、この中の大岩姓の人達の中で海運業で財をなした人がいるようで、一部の家は武家株なども手に入れ、士分になった大岩姓があるようです。
愛知出の幕臣の大岩姓の記録が在ることが分かってきました。
この大岩の家からどうも徳川家斉へ上級の家柄を通して側室を出している様子です。

ただ、私は歴史学者でもなんでもないので、その辺はご理解ください。
ネットで調べたことや、図書館で書籍を読んだりした知識ではあります。
また、図書館にたまたま郷土史を研究する人の資料が置いてあり、それを読んだところ江戸の幕臣だった大岩氏の調査記事が数回の連載の形で載っていて、それを読んだのです。

さて、大阪の大岩さんは愛知と繋がりが分かるとあれば、よかったら是非もっと調査などしてもらえると嬉しいですね。何かわったら何でも良いので教えてください。(笑)
愛知の大岩姓と富山の大岩姓に繋がる可能性などが分かれ嬉しかもですね。
いずれにせよ、昔は何か殿様の配置換えに関するような移動を除けば、庶民の移動は難しいと思います。
でも例えば、愛知から一部の人達が明治以降、千葉県やどこぞやへ移動した記録とか何か出てくると面白いですね。いや、その地方で生まれた大岩姓の記録とかも。その方が多いかもしれません。


なにやら長くなってしまいました。以上はこのブログに載せた内容だと思いますが、愛知の大岩姓に関する資料が恐らく一番多く全国のどこかしらに存在するんじゃないかと思います。
特に愛知県の図書館なんかにはいろいろ在ると思いますよ。
是非、郷土史や人名に関する資料を当たってみてください。
で、何か分かったら教えてくださいな。(笑)


プロフィール

BIG ROCK!!

Author:BIG ROCK!!
ハーモニカを吹きます。スタンダードなアメリカン・ブルーズからオリジナルの日本語ブルースまで、軽快なハーモニカに乗せて歌っています。月に数本、ライブバーを中心に活動中。
http://bigrock0018.jimdo.com/
趣味ですが居合は有段。巻き藁斬りなどもやっています。能や茶道にも関心有るので、時に和服も着たりします。(笑)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR